肥満外来をしている病院はどこ?どんな治療があるの?

薬を使わずに治療をしてくれるところ

病気を治すために使うのが薬です。ウィルスなどに効くものもありますが、それ以外にも体調を整える薬などもあります。肥満外来を設置してくれている病院を利用するとき、どんな病院が良いかがあります。肥満に効く薬もあるので、それを安易に出してくるところは良くないかもしれません。肥満は生活習慣なので、生活習慣が変わらないと薬で痩せても元に戻ります。栄養の管理であったり、運動の管理をしながら治療してくれるところが良いでしょう。

行動療法による治療を行ってくれる

これをするとつい別の行動をとってしまうことがあります。この別の行動が体に良いことであれば問題ありません。しかし悪いことだと病気になる可能性があります。肥満体系の人の場合、行動に問題が出ていることがあります。太るべくして太っている状態です。肥満外来を設置している病院では、運動や食事の管理だけでなく、行動療法を行ってくれるところがあります。肥満の原因になる行動を抑えられるよう指導してもらえます。リバウンドが少なくなります。

健康保険を利用して受けられる

美容外科で脂肪吸引などをして痩せることがあります。こちらは美容外科なので、基本的には全額自費で受けることになります。技術料などもあるので、数十万からそれ以上かかることもあります。一般の病院で行われている肥満外来の場合、多くは健康保険の適用を受けて治療してもらえます。ですから診察などを受けても3割負担のみになります。器具などを使うことも少ないので、大きな費用が掛かることはありません。費用を気にせず治療ができます。

肥満外来は自分の体重が適正な数値を大幅に超えていることを理解する目的があります。体重の増加による健康被害や医療費の増大などの問題点を正確に知ることがダイエットを成功させるための条件です。