フコイダンを海藻から摂ることで、病気になりにくくなる!?

NK細胞がねばねばパワーで

どんどん健康にいい成分が発見されていますが、フコイダンの健康効果は1970年代からずっと研究されてきました。最近登場したように見えますが、たくさんの研究者の努力によって世間に登場したのですね。いくつかある効果の中でも覚えておきたいのが、病気から我々の体を守ってくれるNK細胞を活性化させるというもの。最近病気になりやすくなったり、病気が治りにくくなった気がする人は、わかめやめかぶなどを意識して摂ってみるといいかも。

アレルギーを抑えてくれる

免疫機能の過剰反応が原因で強烈なかゆみや湿疹、くしゃみなどが起こってしまうアレルギー。体も心もストレスになるのでかなりつらいですよね。過剰反応が起こる原因は、IgEという抗体が必要以上に作られてしまうからです。フコイダンにはIgEが作られすぎないように抑える働きがあるので、花粉症シーズンが始まる少し前からフコイダンの摂取量を増やして乗り切るようにしましょう。体をかいてしまって肌がボロボロになる人にもお勧めです。

ピロリ菌の除菌ができる

胃がんの原因がピロリ菌の感染ということがわかっていますが、この菌を除菌するための治療は意外にきついものです。途中で除菌をあきらめてしまう人も結構います。フコイダンの成分に硫酸基というものがあるのですが、実はこれがピロリ菌の除菌にいいということがわかりました。胃の粘膜の身代わりになってピロリ菌がくっついて、そのまま体外に出るのです。除菌の治療が大変だった人でも、フコイダンを摂取する方なら簡単に続けることができるでしょう。

フコイダンとは昆布やモズクなどに含まれる粘り気のことを言い、健康に欠かせない成分であることからサプリメントや健康食品などに用いられています。