歯が抜けたらどうする?インプラントのメリットを知っておこう!

他の歯に頼ることなく取付けられる

歯が抜けた時、その部分に差し歯として歯を入れる必要があります。その時の方法として、ブリッジであったり入歯などを利用することがあります。これらは、他の歯にひっかけるようにして歯を固定します。そのため、引っかけられた歯に負担がかかることもあります。インプラントは、抜けた部分に人工の歯根を埋め込みます。そしてその部分に歯を差し込みます。そのため、他の歯に頼ることなく固定することが出来ます。ですから、周りの歯への影響を減らせます。

自分の歯のように噛むことが出来る

歯が抜けた時には差し歯などを差し込みます。これらはある程度は固定されているものの、全く動かないわけではありません。あまり硬いものを食べれば、金具などに負担がかかることもあり、歯肉が痛いこともあります。食べるものに気を付ける必要がありました。インプラントで治療を行うと、歯が体の一部のようになります。一旦固定されると全く動きません。押し込まれて痛みを感じることもありません。抜ける前と同様に、硬いものでも食べることが出来ます。

負担が少ない分長期的な利用が可能

義歯として、差し歯、ブリッジがあり、金具などで留めて取付けます。金具なので丈夫ですが、口内に入れていますからそれなりに劣化してきます。金具部分が折れれば交換する必要があり、一定期間ごとに使えなくなることがありました。もちろんそのたびに新たな費用が掛かります。インプラントの場合、金具はありますが、埋め込むタイプです。ブリッジなどのように細い引っかける金具ではないので、折れたりすることはありません。比較的長い間使い続けることが出来ます。

比較的住宅街が多くある杉並区には、医療機関も多くあります。また、地域に根付いた歯科医院も多いので、杉並区で行うインプラント治療なら信頼できます。